2018年02月20日

カーボンサイレンサー修理



カーボンサイレンサーの修理をさせて頂きました。

カーボンの筒を交換ということで
アルミのサイレンサーなら新品で買えるぐらいの値段がかかります!

カーボンという素材はサイレンサーという部品に向いているのか?
と考えさせられました。



Posted by 猫チャンバー製作所 梶谷 at 06:24│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。